食べ過ぎは栄養素やエネルギーの摂取過多となり肥満や過剰症といった健康に良くない症状を引き起こします。

食べ過ぎた時はコレ 健康のための基礎知識

食べ過ぎが健康を損ねことにつながる理由とは

食べ過ぎた時はコレ 健康のための基礎知識
私達は体に必要な栄養素を食事から摂取しているので食べることはとても大切なことです。もし栄養素やエネルギー源が不足してしまうと、最悪の場合には病気になったり生命を維持することができなくなってしまうこともあるからです。逆に体に必要な量以上に食べ物を食べ過ぎてしまうのも健康に良くない影響を及ぼします。それには栄養素の過剰症という理由があげられます。栄養素は体に適切な量を摂取することでスムーズに体の機能を動かすことができます。しかし、過剰に栄養素を摂取してしまうと機能障害が起こることがあります。

また、食べ過ぎで最も多いのが肥満の問題です。肥満は、体が活動で消費するエネルギー量よりも摂取するエネルギーのほうが上回ってしまった場合に起こります。体内に摂取したエネルギーが余ってしまい脂肪として蓄積されるからです。脂肪が蓄積されると体重の増加により内臓や骨に負担をかけるようになります。また、内脂肪が大量に蓄積される内臓脂肪型肥満の場合にはコレステロール値や血圧を上昇させるはたらきのあるホルモンが分泌しやすくなるために、肥満から生活習慣病を引き起こしやすい体質となってしまいます。もちろん健康のためには良くありません。肥満を防ぐためには食べ過ぎをやめ、適度な運動をすることが必要になります。おいしい物があふれている現代では食べする事を我慢するというのは辛いことですが、健康を損ねることにつながるので、良く考えて食事を摂取しなければなりません。

関連記事・情報

Copyright (C)2017食べ過ぎた時はコレ 健康のための基礎知識.All rights reserved.