食べ過ぎてしまったときには半身浴と温かい食べ物がおすすめです。健康な状態に戻るための参考にして下さい。

食べ過ぎた時はコレ 健康のための基礎知識

食べ過ぎたとき、健康な状態に戻る解消法

食べ過ぎた時はコレ 健康のための基礎知識
食事のとき、健康のために以前よりも食べ過ぎに注意するようになりましたが、それでも食べ過ぎてしまうことがあります。友人の家にお邪魔して、お手製の料理をご馳走になったりするときです。自分を喜ばせようと、たくさんの種類を作ってくれる気持ちを無下にはできず、つい普段よりも大量に食べてしまう結果となります。お腹が張って苦しくなりますが、そんな時、自分がよく行う方法が半身浴です。温度はぬるめで、のぼせない程度にじっくりとお湯に浸かるのがコツです。くれぐれも無理の無い範囲で行ってください。ぬるい温度で体をゆっくり温めることで、疲れが取れて血行がよくなります。その結果、消化が促進されるので、体が楽になります。

そして翌日の食事は軽いものにした方がいいと思います。前日の大量の食べ物を、まだ消化しきれていないかもしれませんし、消化していたとしても胃腸は疲れています。でも絶食は避けた方が良さそうです。気持ちが悪かったら別ですが、自分の場合、食事を抜くと前日との落差が激しすぎるからか、胃の調子がかえって悪くなります。お医者さんによると、前日食べ過ぎたことにより、胃酸の分泌が活発になったままなので、それが収まるまでは何か口にした方がいいのだそうです。

そんな時におすすめなのが、湯豆腐と野菜スープです。野菜は細かく切って、くたくたになるまで煮た方がいいです。かさがあるので満腹感があり、よく煮るので消化がいいです。湯豆腐も同じように消化がよく、温かいので胃腸の働きを助けます。逆にあまり摂らない方がいいのが冷たいものです。胃腸に刺激を与え、消化を悪くします。もし食べ過ぎてしまったときには、参考にしてもらうとうれしいです。

関連記事・情報

Copyright (C)2017食べ過ぎた時はコレ 健康のための基礎知識.All rights reserved.