食べ過ぎるのはよくありません。健康のためには、その後の対処を行います。フルーツなどを食べます。

食べ過ぎた時はコレ 健康のための基礎知識

食べ過ぎた時はコレ 健康のための基礎知識

健康のために食べ過ぎ時の対応を知っておく

食べ過ぎた時はコレ 健康のための基礎知識
普段は自宅で食事をしているので、それほど無茶な食べ方はしません。お酒に関しても缶ビール一本ぐらいに留めています。自宅では管理できるのですが、外食するとなると止められないことがあります。普段の食事では、多少我慢していることもあります。もっとたくさん食べたいけどもこらえるのです。それが、体調の良さにもつながってきます。しかし、飲み会などになると、周りではどんどんビールを追加して注文しています。つまみの料理もどんどん出てきます。いつも食べないような料理が並んでいるので、ついつい手が伸びてしまうのです。お酒で酔っていることもあり、おなかがいっぱいの状態もわからなくなっていました。ふと見るとお腹がぷっくり膨らんでいました。

これは食べ過ぎの状態といえるでしょう。このようなとき、健康的に対処するにはどうするかです。まず、気がついたときに、それ以降は食べないようにします。食べれば食べるほどどんどん身についてしまいます。そして、食べたものに関しては仕方がありません。そこで、消化が早くできるように、フルーツを取るようにします。フルーツには消化を助ける酵素が含まれていると言われています。良くお肉などをフルーツにつけて柔らかくすることがあると思います。同じような要領になります。良いものとしては、パイナップルや、キウイフルーツ、グレープルーツなどです。最近はコンビニエンスストアでフルーツが買えますから、早速買って帰ることにします。

食べる量を変えるのも効果的です。翌日の食事量について、朝や夕食をいつもの半分にします。してはいけないんは、全く食べないことです。全く食べないと、お腹が空いてしまいます。おなかがすくと、次にまた余計に食べてしまうことがあります。量を減らすことで、カロリーの摂取を抑えることが出来ます。一時的に体重は増えても、次の日にはもとに戻っていることもあります。それ以降は、徐々にいつもどおりの食事に戻していきます。

関連記事・情報

Copyright (C)2018食べ過ぎた時はコレ 健康のための基礎知識.All rights reserved.